実際に取引にチャレンジしながら勉強していくことが大事

hiu7878kk ・FX業者のほとんどが、「デモ口座」というものを用意しています。これは、仮想キャッシュを利用して、デモトレードを行うことでFXのやり方を学ぶことができるサービスです。そのFX業者のプラットフォームの使い方を覚えるためには非常に有効なことは確かですか、デモトレードはあくまでもデモにしか過ぎないということは理解しておく必要があります。デモトレードでできるFXの勉強は氷山の一角にすぎません。デモトレードはオンラインチュートリアルくらいに考えておくほうが無難でしょう。

では実際にFXが全く初めてという方がやるべきことは何なのでしょうか。通貨取引.comとしてよく24オプション海外企業などから始めて、FXに移行する方というのがいます。これでもやはり初心者といえますので、ビギナー向けのFX指南書はとりあえず1つあったほうがいいでしょう。管理人はYバイナリーを攻略するために、一応チュートリアルを全部見てみました。ノウハウを知るためというよりは、基本的なセオリーを知るためです。そして、デモトレードでプラットフォームの使い方になれ、チャレンジしたい通貨ペアを決めたら、リアルの口座に入金された自分の資金を利用してトレードにチャレンジします。

まずはどんなFX業者でも、「最低取引単位」からスタートしましょう。初回からのレバレッジの利用は避けます。最低取引単位が1万通貨であっても1000通貨であっても、レバレッジを利用しなければ取引できないような資金量では、焦りが裏目に出て良くない結果に終わることのほうが多くなってしまいます。余剰して出せる資金を投入し、はじめのうちは勉強代、年間で利益が出せているというくらいを目標にコツコツとがんばっていく姿勢が大事です。

初めてのトレードでは、「損失をふくらませない」ということに注目してトライする、ということも頭にいれておく必要があります。損失は絶対に出してはいけないものではありません。出てしまう時もあります。損失が出た段階で取り返そうと持ち続けてしまうのが初心者にもっとも多い失敗ですから、損失ラインをあらかじめはっきりと決めておき、その価格になったら絶対に売るという強い意志を持ちましょう。

・FX 戦略において重要なのは運ではありません。FXで多額の利益を出しているカリスマトレーダーたちは誰1人として運に頼ってはいません。綿密なデータ収集とそれを分析できるだけの知識と能力を持ちあわせていて、至極冷静に利益と損失を見極めています。ギャンブル的な一攫千金を夢みてFXを始める人も少なくないのが現状ですが、残念ながら成功することはないと言い切れます。

とはいえ、逆に考えれば地道に勉強を積み重ねていけば、誰にでもチャンスがあるのがFXともいえます。経済とマーケットの動きに興味を持ち、それが自分に利益をもたらしてくれるという楽しさと、損を生み出すこともあるという怖さの両方を順々に体験していけば、いつのまにか経験の豊富なアドバンスドトレーダーになっているかもしれません。

1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、年間のレポートを作ってみると、黒字キープで年度末を迎えるためにどういったアクションや考え方が大事なのかということがわかってきます。資金に余裕がなくなってきたら、しばらくは別の収入で余裕が生まれるまでトレードを休み、客観的に市場を研究する時間をもつ勇気も時には必要です。