為替相場の流れをしっかりと掴むつかむ方法

shiu7878 為替市場は株式市場と異なり24時間取引きが行なわれています。

為替市場と株式市場では開かれている時間が異なっています。株式市場の場合には日本の証券所の営業時間に合わせて市場が開かれていますが、為替市場は世界を相手に取引きが行なわれていますから、24時間ずっと開かれています。地球儀を想像しながら、為替市場の時間をイメージすることができます。為替相場の一日は、日付変更線付近のオセアニアから始まり、東京があるアジアを通過して、ヨーロッパのロンドンを経由してニューヨークという形で一周しています。簡単に言うなら、東京→ロンドン→ニューヨークという3大市場を順番に推移し、それを毎日繰り返しています。

FX業者にスワップ金利がつくのは、NY時間午後5時のNYクローズといわれる時間です。このNYクローズを基準に世界中の一日の為替相場が終わりになります。世界中の為替取引が終わると同時に、オセアニアで新しい一日の為替相場が始まっています。これが毎日の為替相場の流れです。為替市場には「市場」という名前が使われてはいますが、これはあくまでも概念としての市場ですから、株式市場における「証券取引所」のような実際の市場とは異なっています。市場ですから、はっきりとしたオープン時間やクローズ時間はありませんが、銀行などの金融機関を通して為替が取引きされているので、金融機関の営業時間帯は活発に取引きが行なわれています。

こういう情報は「バイナリーオプションナビ | 勝てる稼げる戦術公開!」に詳しく載っています。

為替相場の取引きが最も活発に動く時間帯を把握しておくことはとても重要でFXランキングには必須の情報といえます。最も活発なのは、日本時間の夕方から夜中にかけての時間帯です。要因として、東京・ロンドン・ニューヨークの3大市場の2つの活発な時間帯が重なっているからです。まずロンドンの活発な時間帯は、日本時間の午後4時~午前3時頃で、ニューヨークの活発な時間帯は、日本時間の午後9時~午前5時までなので、大きく変動しやすい時間帯となります。またこの時間帯に、アメリカの経済指標が発表されたり、NY株式市場からも影響を受けるという要素もあります。それで為替取引で成功するためには、日本時間に取引きをするだけでは不十分です。夜の寝ている時間帯に、儲けを出す機械を逃してしまうこともありますから、しっかりとメリカやヨーロッパの時間帯を把握するようにしましょう。日中に仕事をされている方の場合には、仕事が終わった後の夜の時間帯に取引きができるので、ちょうど都合が良いかもしれません。寝不足になる可能性がありますから、しっかりと体調管理もしましょう。

為替で成功するために、しっかりと相場の流れを掴むように努力しましょう。最初は慣れないので、時差や寝不足の調整から始まるかもしれません。一日単位だけの取引きではなく、一週間や一ヶ月、また一年の流れを把握することが、為替で安定して成功するための秘訣と言えます。初心者の方にお勧めしたい練習方法は、最初は取引きをせずに相場の流れを眺めてみるということです。毎日、世界ではどんな変動する注目材料があったのか、それが為替にどのように影響したのかを分析するようにしましょう。全体の流れがつかめてきたなら、あとは参戦して為替でしっかりと利益を出すだけです。頑張って流れを掴み、勝率を高めていきましょう。