バイナリーオプションの取引きの仕組み

 バイナリーオプションは通貨などの価格が、業者が定めた価格よりも上になっているのか下になっているのかを予測する簡単な取り引きルールになっています。

このシンプルな取引ルールのバイナリーオプションですが、実はオプション取引と呼ばれる投資取引の一形になっており、実際のところはある権利を売買しているものになります。

例えば、ここに1ドル100円の為替相場があるとして、この相場のレートが2時間後に200円まで値が上がるという予測があったとしましょう。
この状態で、2時間後に100円でドルが買える権利をあらかじめ買っておけば、実際に2時間後にドルが200円に値上がりした時に、この権利を施行することにより、ドルを100円で買えることができます。
本来であれば200円でなくては買えないドルを、100円で買うことができることになるため、利益を作ることが出来ます。
また、為替相場が相手の取引きになるために、これに対して逆のパターンも存在し、同じように2時間後に100円でドルが買える権利を買っていたとしても、為替レートの変動が1ドル200円にならず、実際には2時間後にドルが50円にまで下がってしまった場合には、先に買っておいた権利を施行すると50円のものを100円で買う形になってしまうために、権利を捨ててしまうのです。

バイナリーオプションではこのようにして、取引きの仕組みが出来上がっています。
このバイナリーオプションで成功を収めるには、相場レートの変動をできるだけしっかりと分析して予測の的中率を上げていくことに掛かっています。

多くのバイナリーオプションでは、予測に対してチケットというものを買う形で投資をしますが、予測が当たった場合にはあらかじめ決められている配当金が受け取る事が出来、外れた場合は投資した資金が没収されてしまいます。
これは、取引きをする前からその最大利益と最大損失がはっきりとするために、資金管理がしやすく有利とされています。

しかしながら、FX取引のように自ら損失を小さくして取り込む、いわゆる「損切り」ができないのです。
ところが、取引業者の中には投資期間の満了の前に、予測を立てて購入したチケットを「権利放棄」したり「途中清算」をすることができる業者も存在します。

こうしたものを利用すれば、例えば予測が明らかに外れてしまったものに対してはその権利を放棄して、全額という形にならないケースが多いですが、チケット代を払い戻ししてもらい、少なくとも全額を失うという事を避けることができますし、ある程度予測が的中して、今の段階では予測が当たりそうであるけれども、急な相場の転換があり得るかもしれない、といった場合は、その予測が当たるかもしれないチケットを途中清算し、配当金のいくらかを受け取る事ができるのです。

このように、取引業者によってこうした権利放棄をしたチケットの買い戻しや、チケットの投資期間満了前での途中清算の設定があるかないがが分かれていますので、バイナリーオプションの取引きを理解したうえで、取引業者を選ぶ際には、こうしたものを扱っているかどうかを確認するのも良いでしょう。